整厚加工

整厚加工について

対象ワークの平行度や平坦度を向上させる加工です。ダイヤモンドカップ砥石で面全体を研削する『ロータリー研削盤』やダイヤモンドストレート砥石で面を一定幅ごとに研削する『平面研削盤』、ワークに与えるダメージが少なく研磨品の前加工に最適な『ラップ機(両面・片面)』など目的に応じた加工機をラインナップ。さらに、ご希望の面粗さに対応するため、固定砥粒(ダイヤモンド砥石)、遊離砥粒(GC研磨材)とも各種番手を取り揃えています。

整厚加工

整厚加工の
設備
ロータリー研削盤

ダイヤモンドカップ砥石により、平面を効率よく研削。面積の広い製品や、量産品に最適。

円テーブル上に複数のワークを設置することにより、量産性にも優れています。 カップ砥石の端面で研削するため、研削目が円弧状、またはクロスハッチ(綾目)状になり、同じ砥石番手で比較した場合、粗さは平面研削盤よりは粗くなります。


平面研削盤

0.1μm単位の送り量コントロールにより、加工ダメージの少ない、高精度な平面研削が可能。

研削抵抗が少なく、ワークに与えるダメージを抑えることができるため、研磨品の前加工に適しています。 研削目は、ストライプ状(縞模様)になります。

ラップ機(両面機・片面機)

遊離砥粒の仕様により、加工によるダメージが非常に少なく、研磨品の前加工に最適。

ワークと鋳鉄製の定盤の間に、水と研磨材(GC等)を混ぜ合わせたスラリーと呼ばれる研磨液を流し込み、ワークと定盤を擦り合わせて、ワークを少しづつ削り取り、定盤の平坦度をワークに転写する加工方法です。 ダイヤモンド砥石に比べ、ワークに与えるダメージが非常に低く、カッターマークのような深いキズが発生しないため、研磨品の前加工として最適です。 加工面は梨地状(スリガラス状)となります。

 
▲ ページの先頭にもどる