芯取り面取り機

芯取り面取り機について

外周整形・コーナー面取り・稜線面取りを全自動で加工。

ダイヤモンド砥石により、製品の外形を整形する加工機です。芯取り加工と同時に、コーナー面取りや稜線面取りも行います。

加工の特徴
  • 最大でΦ127mmまでのワークが投入可能です。大口径品については、マシニングセンタで対応いたします。
  • 製品の形状は、倣いカムによって設定します。丸や角形状のほか、楕円や多角形等、さまざまな形状に対応いたします。
  • オートローダー機構により、ワークの供給・排出がすべて自動なので、量産品にも対応できます。

芯取り面取り加工品

側面、及びコーナ部拡大

研磨仕上がり品


NC芯取り面取り機について

NCプログラムによる加工が可能

NCプログラムを作成することにより、従来の倣いカム方式では困難であった複雑形状の加工も可能となりました。オートローダーを採用した、全自動加工機です。

加工の特徴
  • NCプログラムによる加工が可能です。
  • 「倣いカム」と呼ばれる、製品の形状ごとに作成する治具が不要となるため、短納期対応が可能となりました。
  • オートローダー機構により、ワークの供給・排出がすべて自動なので、量産品にも対応できます。
  • ワークは専用トレーにセットします。加工後のワークはトレーの元の位置に戻りますので、ワーク同士の衝突によるカケ・チッピングの発生がありません。

その他の形状加工

外形加工の
加工設備
芯取り面取り機

外周整形・コーナー面取り・稜線面取りを全自動で加工。

マシニングセンタ

研削加工から穴あけ、ザグリ、内径加工など、さまざまな三次元加工に対応。

NC旋盤

外周円筒研削の他、段差、テーパー、ネジ切りなど、さまざまな三次元加工に対応

円筒研削盤

ワークを回転させながら外周を研削し、円筒状に加工。

センタレス加工機

丸棒形状素材の外周を、指定外径寸法に研削加工。

くり貫き加工機

ダイヤモンドコアビットを使用し、大型インゴット素材から円柱形状をくり貫き加工。

▲ ページの先頭にもどる